Tuesday, April 5, 2016

α7 ズミクロン
α7  LEICA SUMMICRON-M f2/50mm

たまたま100年前の日本の風景の写真をネット上で出会ってしまった。ある意味とてもショックを受けた。100年前の人とは思えないくらい生き生きとして、人間なんて現代と何も変わってないじゃないか、当たり前なんだが考えてしまった。画像は日本、写真、100年前あたりで検索するとたくさん出てくるので見てほしい。写真に写っている人たちも、撮影した人たちもほぼ誰も生きていないだろうが、100年前も同じ桜を見ていたはずだ。

投稿者:

kan

kan

写真&文 KAN 愛媛県生まれ、兵庫県在住。京都府立大学卒業後30カ国以上旅する。職業フォトグラファー。妻、息子と三人暮らし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です