ライカ 沈胴ズミクロン M 50mmF2

ズミクロン モノクローム レビュー
α7  LEICA SUMMICRON-M f2/50mm

自分の標準レンズである沈胴ズミクロンについて。仕事で使うレンズは別にして、レンズ自体そんなに持っているわけではないですが、ここのところほぼこのレンズで撮影してます。初めて一眼を使ったのが50mmのレンズがついた古いペンタックスのカメラだったが、カメラのことはほとんど真面目に勉強することもなく一年ほど海外を旅して撮影に使ったのがその標準レンズだったこともあってか、自分には50mmという画角がぴったりくるという事に恥ずかしながら最近ようやく気がついた。50mmを常用するメリットは、明るいレンズでも比較的安価に手に入ることが大きいと思う。広角のライカのレンズは自分のようながさつな人間には少し高価すぎるかな。
値段はともかく、自分はモノクロの諧調、描写の好みからライカにたどり着いた。自分はレンズコレクターでも機材マニアでもないし、気に入らなかったレンズ、カメラは手元にないし、気にいったいくつかの機材があるだけ、みたいな人間です。

ライカ モノクロ 描写
α7  LEICA SUMMICRON-M f2/50mm

評判どうりモノクロームの諧調はすばらしい。他のサイトではコントラストが高すぎる、と書いてあることも多いが、現代のレンズのシャドウの潰れてしまういやなコントラストの高さでは少なくともないと思う。逆に黒が潰れにくいのでプリントはとてもやりやすい。いままでフィルム時代にハッセルは散々使ったのでツァイスのレンズとの比較になるが、ツァイスのレンズがとても素直で抜けのよい描写なのに対し、ズミクロンは一癖も二癖もある感じ。もちろん自分はライカのほうが好みだ。正直もっと早くライカを使ったらよかったと後悔しているくらい。

カラー ズミクロン
α7  LEICA SUMMICRON-M f2/50mm

カラーのために作られたレンズではないが、カラーで撮影した写真も自分の好みである。また中心部分の解像度は非常に高くシャープだと思う。現代的な描写といってもいいくらいだと思う。周辺の減光や画質の低下、ぐるぐるぼけなどは普通にありますね。自分は好きなので全く気にならないですが。

カラー ズミクロン 描写
α7  LEICA SUMMICRON-M f2/50mm

これからもズミクロンで撮影を続けていくつもりなので、カテゴリーからズミクロンの写真を見てみてください。

投稿者:

kan

kan

写真&文 KAN 愛媛県生まれ、兵庫県在住。京都府立大学卒業後30カ国以上旅する。職業フォトグラファー。妻、息子と三人暮らし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です