NOKTON classic 35mm F1.4 売却

α7 LEICA SUMMICRON-M f2/50mm
α7 LEICA SUMMICRON-M f2/50mm

コシナノクトン・クラシック35mmF1.4をオークションで売却。ノクトンクラシックだが印象としては、開放だとぐるぐるボケが出て逆光でフレアーの出る現代的な描写のレンズ、である。もちろん描写もカラーなら繊細でいい。息子の写真をプライベートで撮影するときなどとてもよかった。いわゆる一般の人向けのぬけの良いコントラストの高い描写。だが僕はメインは今のところモノクロで撮影しているので、ノクトン(コシナのレンズ全般かもしれないが)はどうしても黒がつぶれやすいように思う。ネットでの作例もどちらかというと夜、屋内で撮影しているものが多いと思うが日中のモノクロでは少し厳しい。描写もすこしさわやかな感じすぎるかな。

明るいレンズならMFなら安く手に入るしな~、レンズ作例を見る限りシグマの30mmf1.4のシリーズと上記以外のことはほぼ同じ描写だと思うし、シグマのレンズのほうが安いしAFだし、などと考えた結果オークションで売却。代わりにNewFD 35mm f2を購入。ノクトンの5分の1程度の価格だがモノクロの諧調は素晴らしい。

ノクトン購入で迷っている人もいると思うが、僕がいつも使っているズミクロンは50mmだがズミクロンのような他のレンズでは出せないような個性的な描写のレンズではない。特にモノクロで撮影したい方のはあまりお勧めできないが、35mmでf1.4のリーズナブルな明るいレンズとしては魅力的だろう。

投稿者:

kan

kan

写真&文 KAN 愛媛県生まれ、兵庫県在住。京都府立大学卒業後30カ国以上旅する。職業フォトグラファー。妻、息子と三人暮らし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です