街のポートレート Monday August 29 2016

α7 LEICA SUMMICRON-M f2/50mm 沈胴
α7 LEICA SUMMICRON-M f2/50mm 沈胴

アメリカと中国が戦争する確率はそれほど高くないが、偶発的な事故により戦争が起こったとしたら、といったアメリカの軍関係の論文を読んだ。もしそうなったとしたら米軍基地のある日本も攻撃されるだろう、双方や周辺にどういった被害があるか、といった予測だ。戦後で初めての戦争の起こる危機だろう。そういったさなかで日本の主なメディアは嫌中をあおるだけで事実に関してや、海外の率直な意見はあまり伝えない。日本ではもう少し外交のリスクを日ごろから議論や意識してもいいのではないかと思う。呆けたような芸能のゴシップがトップニュースになることも減るんじゃないかと思うが。

投稿者:

kan

kan

写真&文 KAN 愛媛県生まれ、兵庫県在住。京都府立大学卒業後30カ国以上旅する。職業フォトグラファー。妻、息子と三人暮らし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です