街のポートレート Saturday December 31 2016

LEICA SUMMICRON-M f2/50mm 沈胴
LEICA SUMMICRON-M f2/50mm 沈胴

今年もあっという間に過ぎ去って行きました。思うように更新できない時期もあったので、来年は写真を頻繁に更新していきたいと思っています。来年もよろしくお願いします。

ゲーム・オブ・スローンズと昨日までの世界 街のポートレート Sunday December 18 2016

LEICA SUMMICRON-M f2/50mm 沈胴
LEICA SUMMICRON-M f2/50mm 沈胴

先日からジャレド・ダイアモンド、昨日までの世界: 文明の源流と人類の未来を読み始めたのだが、ニューギニア、アフリカ、南米に散在する「伝統的社会」といわれる文化とゲーム・オブ・スローンズで描かれている社会がとても共通点が多いということに気が付いた。おそらくはゲーム・オブ・スローンズが伝統的社会の残酷な面を基に作られているのであろうと思う。ゲーム・オブ・スローンズを観ているときにもしかしたらこんなにも暴力的で残忍な社会があったのかもしれないな、と感じていたのだが、実際にあったであろう社会であるとは正直驚きだ(ゲーム・オブ・スローンズの国同士の戦争と伝統的社会の小人数での戦争が同じであるとは言えないが)。どこの歴史を見ても争い、戦争、殺し合いの繰り返しである。実際に最近まで戦闘を日常的に行っていた伝統的社会の人たちに、戦闘がなくなってからインタビューしたところ、戦闘がなくなって本当にほっとした、毎日背後を心配しなくてよくなった、と誰もが答えるという。現在でも戦争をしたがる人たちがどの国にも存在する。今僕たちが当たり前のように送っている平穏な社会がこのまま続いていくのだろうか。

街のポートレート Saturday December 17 2016

LEICA SUMMICRON-M f2/50mm 沈胴
LEICA SUMMICRON-M f2/50mm 沈胴

今年も残すところあと僅か。自分にとっては来年はいろんな意味で重要な一年になりそうだ。

街のポートレート Sunday December 11 2016

LEICA SUMMICRON-M f2/50mm 沈胴
LEICA SUMMICRON-M f2/50mm 沈胴

ジャレド・ダイアモンド『昨日までの世界――文明の源流と人類の未来(上・下)』を借りてきた。『銃・病原菌・鉄』はとても面白かった。ここ数年日本語の本を読まないようにしていたので最近また読書の楽しさに目覚めたようだ。

三崎亜記『玉磨き』 街のポートレート Saturday December 10 2016 

LEICA SUMMICRON-M f2/50mm 沈胴
LEICA SUMMICRON-M f2/50mm 沈胴

数少ない趣味の一つといえるのが読書なのだが、最近読んで面白かったのが、三崎亜記『玉磨き』。6篇からなる短編小説。はっきり言って僕は三崎亜紀の大ファンだ。絶対にありえない独特のストーリーなのだが、日本的な社会のディテールがとてもよくできていて読んでいるうちに実際に起こった出来事のような、もしくは近い将来起きるのではないだろうかと思わせる表現力にいつもはまってしまう。三崎亜紀の小説なんかは日本人でなければ書けないのではないかな、と思う。地味ではあるかもしれないが現代の日本社会や文化を緻密に表現していると思う。世界では村上春樹など欧米の小説を日本人が書きました、みたいなものが受けるのかもしれないが、日本にはもっと個性的な小説家は多いと思うのだが。欧米が評価するもの、大衆に受けるものが必ずしもベストのものではないということをだ。そろそろメディアや文化の面で欧米に媚びるのをやめてもいい時期ではないかと思っている。

街のポートレート Sunday December 4 2016

LEICA SUMMICRON-M f2/50mm 沈胴
LEICA SUMMICRON-M f2/50mm 沈胴

以前に何かでイギリスかどこかに在住している人が書いたらしい書籍を何かでちらっと見かけただけだが、日本のようなあまり外国の文化が入ってきていない単一的な社会で暮らすのはいかに貧しいか、多民族の文化の入り乱れているイギリスで暮らすのはいかに幸せなことか、のようなキャッチフレーズの本だったように思う。以前は同じように考えたことがあったかもしれない。でも最近思うのは周りの環境によって幸福度であったり、人生が豊かなのかは全く別のことのように思う。もちろん将来的には日本ではない、どこかの数か所で何年かずつ暮らしてみたいな、とは思うが。最も大事なことは自分自身の中にあると思うようになった。有名になるとかお金持ちになるとか、そういった単純なことで人生が決まるわけではないであろう。すべては自分の中に答えはあるのではないだろうか。

街のポートレート Sunday November 20 2016

LEICA SUMMICRON-M f2/50mm 沈胴
LEICA SUMMICRON-M f2/50mm 沈胴

 ロイヤルホストが24時間営業をやめて休日も取り入れるといった記事を読んだ。どのコンビニもファミレスも申し合わせたように24時間、年中無休で本当に儲かるのかな、と思う。24時間営業で利益が大きいのであれば開ける店舗もあればいいだろうし、利益がない店舗を開ける意味はないと思う。どの店を見てもほぼ同じようなサービスと商品を置いて一律主義のサラリーマン感覚でいうと気持ちはいいのだろうが、コンビニなどは特にもっと個性があっていいように思うのだが。

街のポートレート Sunday November 6 2016

LEICA SUMMICRON-M f2/50mm 沈胴
LEICA SUMMICRON-M f2/50mm 沈胴

日本の労働生産性、時間当たり39ドル。ドイツは59ドル。欧米の国は平均してこれくらいの生産性があるのだから、日本も40パーセントくらい向上させるのはそれほど難しくないはず。それにもかかわらず経営者が本気で取り組まないのは何故だ?

街のポートレート Sunday October 23 2016

 LEICA SUMMICRON-M f2/50mm 沈胴
LEICA SUMMICRON-M f2/50mm 沈胴

前回の記事でふれたブルーライト対策だが、今までのところ非常に効果があると思う。ソフトなど使うのではなくてモニターの照度をかなり低くして(最低に近い)カラーのブルーを0に設定し、ブルーライト対策のメガネが3000円ほどのものがヨドバシでそのカラーのみ500円だったので購入して使っている。数週間使ってみたが目の疲れは以前に比べると格段に感じないし、夜の寝つきがとてもよくなった感じ。もちろん以前のようにPCでやみくもに長時間休みなく作業することはしていないが。特にPC用のメガネはなくても大丈夫だと思うので、もし目の疲れや首のこりなどで悩んでいる方は試してみてほしい。費用対効果は抜群だ。

街のポートレート Sunday October 2 2016

 LEICA SUMMICRON-M f2/50mm 沈胴
LEICA SUMMICRON-M f2/50mm 沈胴

最近PCに向かっている時間が長いせいか、目が非常に疲れている気がしてブルーライトが目に有害だということが気になった。モニターの青を下げてみたり、明るさを最小にしてみたり、安いPC用のメガネを購入してみたり、などやってみたが画像を編集するときに困る。マルチモニターなので一つだけそのままで使っているが。また有効なものがあれば紹介したい。

街のポートレート Saturday September 24 2016

α7 LEICA SUMMICRON-M f2/50mm 沈胴
α7 LEICA SUMMICRON-M f2/50mm 沈胴

先日の朝日新聞で日本の英語教育について小学校から教えることに反対する大学教授の意見を読んだ。彼によれば簡単に言うと英語教育を早くから行うと、日本の社会が英語偏重化して、英語の苦手な人にとっては非常に不利だ、日本の社会はなかなか変わらないが、いったん変わってしまうと取り返しがつかない、といった内容だった。

もともと日本の外国語教育は中国語を習うためにあったんではないかと思う。直接人とコミュニケーションをとるためというよりは、読み書きを勉強して当時先を行っていた中国文化を取り入れることや、文書でのやり取りがメインだったのではないか。非常に古い外国語教育を基にした今の英語教育があるように思えてならない。外国語を勉強することによって、日本語の習得が遅れるとか(全ての授業を英語だけで行うといっているのではなくて英語の授業を取り入れるといっているだけだ)、悪い影響があるといったことは科学的に否定されているし、二か国語を普段から使っている人は、一つの物事を多方面から考えたり、いくつかの物事を同時進行することに優れていたり、脳梗塞などからも回復が早いといわれている。

まして英語偏重の社会になるというが、現在の受験勉強偏重の社会のほうが問題で、まず変えるべきだと思う。社会人になってほとんど役にも立たないことを数年も長時間勉強することは非常に時間の無駄だ。英語だけでもまともに勉強すれば、ビジネスチャンスなどいくらでもあるし、無数の英語のウェブサイトから情報を得ることなど、利点はいくらでもある。

その大学教授は英語ができなければ、マイナーな言語ができても意味のない社会になるというが、普通に考えて言語というものは、英語は全くだめだけど中国語は非常に優秀、などは考えにくい。なぜならどの言葉でも習得する過程は一緒だし、一つ言語を習得できれば次の言語の習得時間はとても短くなる。言語を勉強したことがある人には常識だろう。

一番気になったのは、こんなに保守的な人がどこかの団体の代表などではなくて、社会に対して公平であるべき大学で物事を教えているということだ。どこの大学かは忘れたが、その大学自体が保守的なのかもしれないが、外国人の教授がほとんどいない日本の大学という有様が、現在の日本社会を象徴しているのではないだろうか。

街のポートレート Sunday September 18 2016

α7 LEICA SUMMICRON-M f2/50mm 沈胴
α7 LEICA SUMMICRON-M f2/50mm 沈胴

瞑想を毎日している。といったら大げさに聞こえるかもしれないが、静かに15分目をつぶって座っているだけだ。以前はいろんなサイトを参考にして瞑想音楽を聴いたり、呼吸法を試してみたりしたがどうも自分には合わないらしい。かといって本格的な瞑想教室にいくほどの根性もないので、毎日続けることが大事ではないかと思ってやっている。確かに気持ちは軽くなるような気がする。街中に住んでるとどうしてもいろんな騒音で集中できなかったりすると思うので、邪道かもしれないが耳栓やイヤーマフといわれるものを駆使すればいいのではないかと思っている。瞑想でもなんでも我慢比べや修行のようにやるのもいいのかもしれないが、僕のような凡人には悟りを開くなど到底無理なので、ストレス発散として気楽に楽しんで長く続けることも大事かなと思う。

街のポートレート Sunday September 11 2016

α7 LEICA SUMMICRON-M f2/50mm 沈胴
α7 LEICA SUMMICRON-M f2/50mm 沈胴

今は兵庫県だが、去年まで大阪に住んでいて、一年で最もきついのは夏だ。大阪湾奥は気温の予報を見ていても主要な都市部だと夏は一番高いことが多い。大阪市内などまさにうだるような暑さである。一年の半分くらいは短パンTシャツで過ごしていたような。なので暑さが過ぎ去っていくこの季節になるとホッとする。

街のポートレート Monday August 29 2016

α7 LEICA SUMMICRON-M f2/50mm 沈胴
α7 LEICA SUMMICRON-M f2/50mm 沈胴

アメリカと中国が戦争する確率はそれほど高くないが、偶発的な事故により戦争が起こったとしたら、といったアメリカの軍関係の論文を読んだ。もしそうなったとしたら米軍基地のある日本も攻撃されるだろう、双方や周辺にどういった被害があるか、といった予測だ。戦後で初めての戦争の起こる危機だろう。そういったさなかで日本の主なメディアは嫌中をあおるだけで事実に関してや、海外の率直な意見はあまり伝えない。日本ではもう少し外交のリスクを日ごろから議論や意識してもいいのではないかと思う。呆けたような芸能のゴシップがトップニュースになることも減るんじゃないかと思うが。

街のポートレート Monday August 22 2016

α7 LEICA SUMMICRON-M f2/50mm 沈胴
α7 LEICA SUMMICRON-M f2/50mm 沈胴

ここのところテレビを全く見なくなったので、くだらない芸能ニュースなどほぼ目に入らなくなったのはすっきりした。今のところ朝日新聞を取っているが、SMAPとかいう三流芸人のグループが解散することなど一面の記事に本当に必要なのだろうか。そんなものはスポーツ新聞に任せておけばよい。日本の主要紙の一つなのだから、コラムなどにしろ暇つぶし以上のものを書いてほしい。ほとんどヤフーニュースと変わらないか、ヤフーニュースのほうが面白かったりするのは致命的か。来年で契約は更新しない予定である。