禅とモノクローム

Category: レンズ考 (page 1 of 5)

レンズのレビュー

ボケか諧調か

New FD f2/35mm FD f3.5/28mm with Lens Turbo II

NFDの35mmF2とFD28mmf3,5.後者はかなり地味なスペックだけど諧調はすごくいいんですよね。35mmf2はぼかすこともできるしシャープだし何でも撮影できる感じ。NFDもきれいな諧調なんですけどね、どこか面白さには欠けるかも。

follow us in feedly

Lens Turbo Ⅱはかなりいいですよ

Lens Turbo Ⅱを以前に中古でamazonから購入して使っているんですが、はっきり言ってこれいいですよ。ほかのサイトで画質が劣化するとか書かれているけれども、気になるような画質の低下はないでしょう。少なくともA3くらいでプリントしたものを肉眼で見る限り何も問題ないと思いますね。それよりもAPSCサイズのカメラがかなり使えるのが本当に便利です。APSCのミラーレスなら各メーカーからかなり種類があるので、フルサイズに限ってしまったらα7しかなかったですからね。フルサイズ用のレンズをAPSCサイズのカメラにつけて撮影すると、平凡で面白くない画しか出ないような気がするんですね。結局APSCサイズのカメラは最近のレンズを使って撮影するしかないとなるとほぼ出番がなかったのが、Lens Turbo Ⅱのおかげで最近はフルサイズよりも使うようになっていますからね。もし画質の低下を心配してLens Turbo Ⅱを迷っているのであれば使ってみたほうがいいと思います。

New FD f2/35mm with Lens Turbo II

開放から一段か二段絞りで撮影しているので周辺の画質はあまり参考にならないかもしれません。

NFD35mmf2もAPSCサイズで撮影してもほんと面白くもなかったので、ずっと使わずに眠っていたんですが、 Lens Turbo II購入してから使ってみたらこのレンズは本当に使いやすい。Lens Turbo IIで約1.1倍の焦点距離になるので大体39mmくらいになるのかな。初めてこのレンズのよさが分かりました笑。 自分の持っているズミクロンと、最近のレンズの中間くらいの描写。カラーよりもモノクロのほうが自分はこのレンズは好きですね。

APSCサイズのカメラの不便なところは広角側のレンズなんですよね。最近のレンズがあまり好みでない人なら、以前のレンズを使うしかないですからね。24mmクラスの広角レンズでも36mmくらいになってしまうので、まともに使おうと思うと、描写の面も含めてあまり納得のいくような感じでもないんですよね。特にソニーの場合、いいレンズを揃えているとは言えないですからね。

follow us in feedly

EF-S 55-250mm F4-5.6 キットレンズの写りはどうだろう

EF-S55-250mm F4-5.6

EF-S55-250mm F4-5.6 IS II、STMといったマイナーチェンジしたものがあって、結構人気のあるモデルみたいですね。ビデオ撮影がメインでなければSTMはなくてもいいと思います。たまたま手にしたのでちょっと撮影に行ってみました。いままで50mm以上のレンズで普段の写真を撮ったことがほとんどなかったのでとても新鮮。FL135mmもあるので長いレンズで撮影も面白いかな。
EF-S55-250mm F4-5.6はキットレンズという位置付けだけれど簡単に言ってしまえば、オールマイティーなズームレンズ。よく写らないわけがない。これ写らなかったらLレンズみんな買わないよね。
今回は全て開放で撮影してみました。

写りに関しては文句ないでしょう。最近のレンズ、少なくともCANONに関してはどれもよく写ると思うので、無理してまで高価なレンズを購入する必要は本当にないんじゃないかと思いますね。上の写真見てこれキットレンズのズームレンズでしょ、なんて思う人いないですからね。A3くらいのプリントならまず単焦点で撮影した、と言われればわからないでしょう。自分の一番よく使う画角の単焦点レンズのみいいものを持っていればあとはこういった廉価なズームレンズでも十分。重くてかさばる高級レンズだと持っていくのも億劫だし、故障などにも気を遣うし。EF-S55-250mm F4-5.6 シリーズは使いやすいですね。
follow us in feedly

Olderposts

Copyright © 2019 禅とモノクローム

Theme by Anders NorenUp ↑