FL50mmf1.4 しっかりとしたトーンとピント面の滲みが面白い

FL50mmf1.4というレンズ。開放での滲みが最近のレンズにはない不明瞭さ、あいまいさを出してくれる。乾いた感じというよりは湿度の高い感じですか。薄いピント面と滲み、ハレーションで結構面白い絵が撮れそう。はっきり言って期待よりもいいですね。数段絞れば当然かなりシャープなので、この時代のレンズをわざわざ使うのであれば、2段絞りまでくらいで使いたいですね。コーティングのない物のほうが個人的にはいろんな描写で撮影できるので好きなんですが、しっかりコーティングのしてるものが好みであればNEWFD50mmf1,4あたりを選べばかなり現代のレンズのような写りになるんだろうと思います。

f1.4を生かしたボケ味ももちろん面白いけれど、トーンもかなりいいですよね。コントラストの高い晴れた日中でも曇りがちの日でも無理なくシャドーがつぶれないし、コントラストも悪くないですね。現代的なレンズとはかなり違うけれどこれだけしっかり写ってくれるか、というレベル。50mmという画角もあるけれどどの絞りでも、どの距離でも全く問題なく使えるレンズ。絞りを変えると結構印象が違うのでかなり使いごたえがあると思いますね。

結構コンパクトで軽いのもいい。50㎜なんで他のf1.4のレンズも同じようなものか。50mmはレンズ構成的にもシンプルだと思うので、明るいレンズでもコンパクトのなるのがいい。レンジファインダーのレンズはもっとコンパクトだけれど程度のいいものを入手するのが大変というのもあるし。あと一眼レフのレンズなら大体フォーカルレデューサーが使えるのもメリット。今回の写真もすべてLENS TURBOⅡを使用して撮影したもの。

FL50mmf1.4with Lens Turbo II

follow us in feedly