LEICA SUMMICRON-M f2/50mm 沈胴の描写力

LEICA SUMMICRON-M f2/50mm 沈胴

ズミクロンというレンズは個人的な意見であるが標準レンズの中では最高と言っていいと思いますね。いままでフィルムでですが、カールツアイスのプラナーなど様々な標準レンズと言われるものを使ってきたけれど、ズミクロンだけは別格、と言っていいですね。なんで早くこのレンズを買わなかったのか後悔したくらい。長く求めていたものがズミクロンだった。自分の使っている沈胴タイプは1950年代くらいのズミクロンで、マイナーチェンジしながら今でも現行のレンズがある。沈胴のこのタイプしかズミクロンは使ったことがないので多分新しい年代のズミクロンはまた違った印象を受けるのだろうなあ。
自分の使っているズミクロンは開放で無限遠を撮ると完全に絵が破綻してますね。最初は冗談かと思ったけれど、個体差もあるのかよくあることのようですね。

ライカのレンズで撮影するとプリントで特に何も必要ないよ、というのを先輩からよく聞いていたのだが、事実でしたね。RAW現像で露出とコントラストを少し調整するだけで十分。どんなシチュエーションで撮影してもそれほど手を加える必要がないのはすごいと思う。コーティングとかほとんどないような時代のレンズなのに。要するにシャドーからハイライトまで諧調がきれいに出ているということですよね。

ライカなど優秀なレンズは全てそうだと思うのだけれど、自分はモノクロで撮影したときの白の発色が好きですね。現行のレンズだと白がきついというか、とげとげしくなる感じだけれど、ズミクロンは白がとても幻想的。

 

50mmという標準レンズあれば風景からポートレートまで何でも撮影できるので、初心者のレンズというイメージがあるかもしれないが万能なレンズなので、標準レンズしか使わないという写真家は結構多い。荷物が少なくて済むということは撮影範囲が広くなるし。

繊細な感じではなくて力強い描写。撮影したそのままのデータを見ると、はっきり言って何か不鮮明、すっきりしない画像で大丈夫か?といった感じなのだが、ピント面を拡大したら非常に解像度は高いですね。

レンズは数多あるだけに最初はどれを選んでいいのかわからないと思うし、自分もそうでした。長らく自分には35mmや28mmなどの広角レンズのほうがいいと勝手に思ってた。でも写真を初めて撮ったのが、家にあった古いペンタックスの一眼に50mmf2.8という極めて平凡なレンズだったけれど、そのころに培った距離感から離れられないのか、はたまた成長していないのかもしれないけれど、結局標準レンズに戻ってしまった。最近撮影していても広角レンズが欲しいと思うことすらなくなってしまったかも。
今レンズ選びで迷っている人は安価な初期のころのズミクロン、エルマーあたりはどうでしょうか。失敗したと思うことはまずないはず。

また写真を追加していきます。

follow us in feedly