死刑制度について

LEICA SUMMICRON-M f2/50mm 沈胴

死刑についてどう考えるかというテーマの記事を朝日新聞で読んだ。先進国で死刑制度のあって、実際に執行している国はアメリカくらい。先進国でなくても数えるくらいしかない。
日本人でも過半数の人は死刑に賛成なのだろう、朝日新聞でも実名で「迷いなく死刑は存続すべきだと思う。大切な人の命を残虐に奪ったものは死をもって償うしかない、死刑廃止を訴える人はきれいごとでしかない」っといった意見が掲載されていた。

以前にアメリカの死刑囚を取材したドキュメンタリー番組を見たが、そういった犯罪を起こす人のほとんどが愛情を受けて育っていない、ということ。あとアメリカの話であるが、銃さえなければ殺人を犯さなかった事例は多いのではないかという印象を持った。犯罪と貧困やドラッグが大きく関連していることは間違いないだろう。日本の場合長らく国民総中流と言われたいただけに全て本人の責任にしてしまう、といった風潮は明らかにあるだろう。

人間という一つの種ということを考えると、種の保存のために多種多様な人格があって当然だろう。多分すべての人が穏やかで、追い詰められても衝動的な行動をとらないとしたら種の保存という意味では失敗なのではないだろうか。

冒頭の人の意見は、言い換えれば、重い犯罪(その方が残虐だと思うような)を犯した人は殺してしまうのが一番いい、と言っているのと同じである。
全ての人が人格に何らかの問題を抱えているはず。育った環境が劣悪であれば問題はもっと深刻なはずだ。死刑で殺してしまえばいいというのは、感情的になって根本的な人間としてのあり方や、社会の抱える問題を考えないようにしているだけだろう。

死刑囚にしても自分たちと同じ人間であって、社会に翻弄されてしまっただけの人たちではなかろうか?ましてや日本の裁判制度の有罪率を考えると、死刑制度など暴力でしかないと思う。

follow us in feedly