街のポートレート Saturday September 24 2016

α7 LEICA SUMMICRON-M f2/50mm 沈胴
α7 LEICA SUMMICRON-M f2/50mm 沈胴

先日の朝日新聞で日本の英語教育について小学校から教えることに反対する大学教授の意見を読んだ。彼によれば簡単に言うと英語教育を早くから行うと、日本の社会が英語偏重化して、英語の苦手な人にとっては非常に不利だ、日本の社会はなかなか変わらないが、いったん変わってしまうと取り返しがつかない、といった内容だった。

もともと日本の外国語教育は中国語を習うためにあったんではないかと思う。直接人とコミュニケーションをとるためというよりは、読み書きを勉強して当時先を行っていた中国文化を取り入れることや、文書でのやり取りがメインだったのではないか。非常に古い外国語教育を基にした今の英語教育があるように思えてならない。外国語を勉強することによって、日本語の習得が遅れるとか(全ての授業を英語だけで行うといっているのではなくて英語の授業を取り入れるといっているだけだ)、悪い影響があるといったことは科学的に否定されているし、二か国語を普段から使っている人は、一つの物事を多方面から考えたり、いくつかの物事を同時進行することに優れていたり、脳梗塞などからも回復が早いといわれている。

まして英語偏重の社会になるというが、現在の受験勉強偏重の社会のほうが問題で、まず変えるべきだと思う。社会人になってほとんど役にも立たないことを数年も長時間勉強することは非常に時間の無駄だ。英語だけでもまともに勉強すれば、ビジネスチャンスなどいくらでもあるし、無数の英語のウェブサイトから情報を得ることなど、利点はいくらでもある。

その大学教授は英語ができなければ、マイナーな言語ができても意味のない社会になるというが、普通に考えて言語というものは、英語は全くだめだけど中国語は非常に優秀、などは考えにくい。なぜならどの言葉でも習得する過程は一緒だし、一つ言語を習得できれば次の言語の習得時間はとても短くなる。言語を勉強したことがある人には常識だろう。

一番気になったのは、こんなに保守的な人がどこかの団体の代表などではなくて、社会に対して公平であるべき大学で物事を教えているということだ。どこの大学かは忘れたが、その大学自体が保守的なのかもしれないが、外国人の教授がほとんどいない日本の大学という有様が、現在の日本社会を象徴しているのではないだろうか。

街のポートレート Monday August 22 2016

α7 LEICA SUMMICRON-M f2/50mm 沈胴
α7 LEICA SUMMICRON-M f2/50mm 沈胴

ここのところテレビを全く見なくなったので、くだらない芸能ニュースなどほぼ目に入らなくなったのはすっきりした。今のところ朝日新聞を取っているが、SMAPとかいう三流芸人のグループが解散することなど一面の記事に本当に必要なのだろうか。そんなものはスポーツ新聞に任せておけばよい。日本の主要紙の一つなのだから、コラムなどにしろ暇つぶし以上のものを書いてほしい。ほとんどヤフーニュースと変わらないか、ヤフーニュースのほうが面白かったりするのは致命的か。来年で契約は更新しない予定である。