Summaron 35mm 時の流れが止まったかのような不思議な静寂感

ズマロン(Summaron)35mm F3.5。びっくりするくらいによく写る。カラーでもモノクロでもとてもいい。色合いなどはどちらかというと地味な、ニュートラルな感じだが、全体のトーンがとても不思議な感じというか魅力的。

ズマロン(Summaron)35mm F3.5

開放だと結構周辺光量が落ちるが、一段程度絞るとびっくりするくらいシャープで解像度もすごい。最近のレンズと変わらない。

ズミクロンと比較して描写は結構違う感じか。個性的なのはもしかしたらズマロンかも。スペックとしてボケ味というのはあまり使えないにしても、被写体の持つ通常写らないような雰囲気まで撮れてしまう。ボケを必要としないような、質感等を客観的に表現したいとき、また広角レンズとしての街のスナップにはとてもいいレンズか。

 

 

どんなものを撮影してもなぜか画になってしまう。自分は勝手にライカマジックと呼んでいるのだが、このスペックでこれだけ映してくれるレンズが他にあるのだろうか、と思えるくらいのレベル。

自分はそれほど長く使ったわけではないが、いまAPSCサイズのカメラなら35mmが標準なので、ライカの中では価格的にはこのレンズくらいしか手ごろなものが見当たらないが、状態さえよければ購入しても後悔することはそれほどないのではないかな。自分はレンズコレクターではないので、メインのレンズ一本とサブのレンズが1、2本あれば十分なほうなので手放してズミクロンを購入してしまったが、サブのレンズとして置いておいてもよかったか、と少し後悔している。

follow us in feedly